ピンナパークのヒマワリ、松川です。

Twitterでは書ききれな事を書くとこ、不定期。

ペーパーマリオスーパーシールはなアクションアドベンチャー

※また下書き保存のままだった

 

 

前回はWiiスーパーペーパーマリオを触れたので、今回は3DSで出たスーパーシールについて書いてみようかな。

早速評価します。

 

良いところ

・ほのぼのとした雰囲気が良い

・とにかく紙々しい

・フィールドが小分けになった代わりに、気軽に遊べるようになった

・歯ごたえのある謎解き

・ボス戦も一筋縄ではいかない謎解き

・ゲーム後半によくある作業感がない

・意外と自由度はある (ちゃんとボス倒した方がいいけど)

 

雰囲気はペーパーマリオシリーズの中でも1番良いです、未だに今作の紹介映像を観るとワクワクしますね。

それと、今までのRPGっぽい感じではなく、ゼルダメトロイドに近い探索重視なゲームになりました。

 

悪いところ

・アクションコマンドの説明不足

・シールも説明不足、モノシールなんて、まったく効果説明なし

・実は敵を倒しても、あんまり意味はない

・ボス戦闘は積みがある、ただし逃げられる

・面倒なバトルスロット

・状態異常の強さと、治す&予防方法がない

・結構分かりにくい謎もあるけど、ヒントは少ない

・個性的なキャラは多いけどモブは、ほぼ全員見た目一緒なキノピオ

・なんかキャラに違和感のあるピーチとクッパ

・終盤は結構雑

 

よく挙げられる批判点の大体は戦闘関係ですね。

まずアクションコマンド、ストーリーとRPGでは解説やガイドがありましたが、今作は全くありません、実はモノシールもAボタンで威力を上げられますが、やっぱり説明がありません。一部のモノシールの博物館での説明で、なんとく察せるって感じ。私は未だにハンマーでエクセレントが安定して出せません。

バトルスロットはめんどくさい、しかもお金も払う必要がある、少しだけど。追加料金でスロットを遅くできるけど全然遅くならない気がする・・・まぁ慣れると簡単なんですけどね、めんどくさいけど・・・。

今作はレベルアップとかはないので敵と戦う必要性がほぼないんですけど、個人的には少し評価してます。なぜかというと、バトルは後半になるとマンネリ化して、めんどくさくなるからですね。そういう意味では作業感がなくて楽しめたかなとは思う。

 

 

 

なんにせよ、カラースプラッシュ楽しみですね! すでに予約DLも始まってますよ!