ピンナパークのヒマワリ、松川です。

Twitterでは書ききれな事を書くとこ、不定期。

レイマンレジェンドの感想

ついにラムが100万に到達し、全てのキャラが解放されました!!マスターランクは知らん・・・というかなんの為にあるんだろ、あれ。

 

 

良かったとこ

・全体的にスピード感、爽快感が高い

・ゲームパットを活かした仕掛けがよくできてる

・死んでもすぐやり直せる

・というか残機やゲームオーバーがない

・アクション初心者にもおすすめな難易度

※DL版を遊んだからディスク版は知らないけど、ロードは短い、ロード中も動かせる。

 

文句なしに面白いです。

 

欠点をいうなら

・キャラデザ

・コース自体は多いけど、タイムアタックなどの短いコースも多い

・さらに言うなら、前作オリジンの使いまわしがある (私は前作遊んでないから良いけどね、人による)

・難易度はぬるい、マリオやドンキーをクリアできるなら、このゲームも難なくクリアできるでしょう

・なんにも説明がないストーリーと世界観

レイマンという名前だけど昔のPS版やGBC版と比べると(良い意味でも)違いすぎてもはや別ゲー

・キャラデザ

 

たとえばカエル?のグロボックスはよ~く見るとなかなかキモかったりする。というかこのゲーム1番の欠点だと思うよ・・・主人公のレイマンも手足離れてるし。

あと世界観の説明が一切ないのもどうかと思う。敵がなんなのかもわからないし、ボスがなんなのかもわかんない、というかレイマンって何者なのさ。この辺の説明はいっさいないので割り切って遊んだ方がいいです。

 

 

大体こんな感じかな~思いついたら書き足せばいいか!